プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

現代の白い巨塔

なんともいえない気分で読み終えました。
判決は後味の悪いものでした。原告の心情を汲んだにしても、あまりにも非情な審判でした。
正しい証言をしたものが大学を追われ、誤診したものが大学の栄誉と権威を守る為にと、あらゆる力を結集させて誤診を否定し、責任逃れをして大学に留まる。

出来上がったばかりの白い巨塔。でもその内側は封建的な人間関係、真実を訴えようとしても、排除されるだけの非情な世界。

そこを去ることを決意した里見助教授。その後は・・・・。
続篇に続きます。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

成功おたくさんのところからよせていただき、TBさせていただきました。
アレックス・シアラーはこの本しか知りませんが、
オグ・マンディーノは最近では私が一番好きな作家です。
(成功おたくさんともそれがご縁です)
また、よろしくお願いいたします。

HIDEさんありがとうございます。

始めまして、コメント。TBありがとうございます。
アレックス・シアラーは子供が好きな作者で、2冊目、今3冊目のボーイズ・ドリームを借りていて、順番に読んでいく予定です。
青空のむこうは、さらっと読めて、ちょっと不思議な本ですね。
「13ヶ月と13週と13日の満月の夜」もなかなか楽しめましたよ。
私もTBしてくださった成功おたくさんのブログで、オグ・マンディーノさんを知り、今2冊目のこの世で一番の贈り物を読んでます。
それと今2冊予約中です。
なかなか興味深いお話ですね。
今すっかり楽しませて頂いている作家さんです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

涙が

読書感想文用にこの本を買いました。
初めはめんどくさくて、しょがなく読んでいるという状況でした。ですが本はもともと嫌いでもなかった私。どちらかというと好きなほうでした(笑)
ハリーの世界にどっぷりとハマりまくり、家族と友達と別れを告げるシーンでは、涙があふれ
ジーンと胸が熱くなり
「こんな本を探してたんだ」と思いました。
なんだか、この本を読んだ後は自分が強くなれた気がしました。ハリーにお礼を言いたい位でス(笑)
自分も前へ進もうと思います。

コメントありがとうございます

いい読書感想文が書けそうですね。
涙が流れたその思い綴ってくださいね。
自分がそんなに思われていたと分かったら嬉しいですよね。
一番意地悪だったと思った友達の優しい文章にはこみ上げてくるものがありますね。
強さいただけたのですね・前に進む・・それが一番です!

とうとう読み終えましたか。ほかの山崎作品と比べてどうでしたか?完結で財前は???

引き込まれた点は同じかな?HAPPYエンドではない分心は重いかもしれません。

白い巨塔最後は、財前先生は、裁判中に病に倒れるんだと思っていました。あ~2部作でしたか!

先わかってしまってm(__)m まだ、先があるそうですよ。ちょうど友人から回ってきて回ってきて読み始めました。

ある程度のあらすじを分かっていないと、本を読む気には、なれないもんね。けいさんの分かりやすいコメント好き!

シグさんありがとう。私が読んでるのはちょっと古いバージョンです。ホントはこれで完結のはずが、読者からの要望で続編出版となったそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/983-4fbf04e8

青空のむこう

すごく優しい内容の小説で、見ていて心が和みますよ。家族や友達のことも深く考えさせられる内容で物語に惹きつけられちゃいます。下にある商品がジュニア用になってるのでお子様にも、ぜひ読ませてあげてください。<内容>ぼくはまだ決めかねてた。アーサ

青空のむこう

アレックス・シアラー著『青空のむこう』 事前情報があって読んだ本ではありません。

青空のむこう

今年の24時間テレビ「愛は地球を救う」のテーマは「生きる」です。それにちなんで本書のご紹介です。「死者の国」を歩いていると、ほとんどの人は死んでるって実感がないんじゃないかって気がする。生きてる人たちのほとんどが、生きてる実感がないのと同じように。明るく
 | HOME |  ▲ page top