人間

読んでいるうちに人間と言うものの残酷な面を感じた。まず、この作者の描写。現実にも耳にする似たような事件の犯行の様子、犯人の心理が細かく描かれている。物語として綴って行く作家のためらいのない表現に1種の怖ろしさを感じる。そしてそう感じつつも読んでる自分。目をそむけたくなるシーンも多く出てくるが、流しつつも頭に入ってくる。バーチャルな世界だが、子供に読ませることにためらいも感じてくる。少しでも興味があれば何かヒントになってしまう気さえする。

上がまもなく終わるが下を読むかどうか悩んでしまう。最後は人間の良さが表現されているといいのだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読み終えると、辛い出来事より熱い思いのことだけが残るこの作品です。戦争未体験者には想像を絶することばかりですね。

日本よりも中国での農村の生活は悲惨だったのでしょうか?かなり時代のズレも感じますね。最終巻どうなるのかしら大事に読みますね。
プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク