地下鉄(メトロ)に乗って・・・浅田次郎

以前、掲示板で教えていただいた本。なかなか巡り会えず、先日やっと浅田次郎さんのコーナーで見つけた。

小沼真次が体験した不思議な出来事が綴られる。ある日地下鉄(メトロ)の出口の階段を上がって地上に出るとそこには時代が逆戻りした世界が広がる。現代に戻ったり、もっと先の時代に行ったりすることで、自分の父親の事、自殺した兄の真相が見えてくる。妻と別れて結婚の約束をしたはずのみち子の存在がいつの間にか消えてしまい、現実がしっかり戻ってくる。

何度か読み返さないと理解出来ない位複雑な内容だった。初めと終わりに出てくる地下鉄のホームで出会った高校時代の恩師、野平先生(のっぺい)がキーワードなのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク