不思議・ふしぎ

世田谷の豪邸に住むお嬢様新妻千秋、付けたペンネームが覆面作家だった。家にいる時は素敵なドレスのお嬢様。ところが、門を一歩出れば、可愛い顔に似合わない凄みがあって、大の男を投げ飛ばすことが出来る違う人格になる。それは内弁慶ならぬ外弁慶。その為担当する岡部良介とのやり取りがとても面白いし、双子の兄優介(警察官)も絡んで思わぬ展開がくりひろげられる。

覆面シリーズ、見かけたあと2冊はどんなストーリーなのか、興味が沸いてきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トリックは良くできているし、なんとなく二人の心の接近が良いですね。

そうですね。嬉しそうに出掛けるようになる良介の心の変化も面白いです。次は愛の歌です。
プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク