プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

意外な結末

風太は夏休みの出来事を元に推理小説を書いている。髪櫛町にある誰も恐れて近づかないという神隠しの森の謎の推理を主人公に考えさせる。推理は当たっていたけれど時間が間に合わなかった。花火とともに消えていった。風太の夏休みが未来屋の出現でいつもと違った感じで終わった。

2学期が始まった。学校から帰ると未来屋がいない事に気付く。どこへ行ってしまったのだろう?また未来を売りに旅に出掛けたのか。クスッと笑ってしまう最後は秘密にしよう。

はやみねかおるさん、ソフトな表現で女流作家だと思っていた。一学期が終わった!と言う感覚。もうすぐ夏休みが終わって哀しい気持ち、そんな夏休みが大好きで物語の舞台を夏に設定したそうだ。現実に夏休みあとわずか。子供達はちょっと物悲しい思いかな。
スポンサーサイト

コメント

登場人物みんないいキャラクターですね。

非常に興味を引く感想ありがとうございます。また読もうと思います。

なかなか楽しい本です。優介さんも千秋さん気になるのかな?

いつか挑戦して下さい。図書館が遠いそうで残念ですね。中古本屋さんもありかな?

それについては・・・今後のお楽しみ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/898-bea2eb64

 | HOME |  ▲ page top