街の灯・・・北村薫

昭和初期の上流階級が舞台となっている。女子学習院に通う、お嬢様英子とその運転手ベッキー(別宮みつこ)が、気になることを解決していく話。

初めて身近に見る上流階級の世界、まだ日本で伯爵、公爵、財閥があった、戦争前の優雅な世界が垣間見られる。その中で起きた事件や謎解きを二人が立場こそ違うが、栄子のよき理解者となり、さりげなくフォローをして解決していく。ベッキーはとても魅力的で素敵な女性で、読んでいても清々しく感じられる。

街の灯・・・これはチャップリンの映画のタイトルだった。以前見た事がある。優しくてシャイな青年を演じるチャップリンの魅力ある作品。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク