プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

ぼんくら・・・宮部みゆき・・Pまだ513中278

江戸下町深川北町の一角、鉄瓶長屋で繰り広げられる、いくつかの事件が今回も綴られている。

7つの話からなるが、5話までは短編で早めに読み終えたが、今読んでいる6話目「長い影」は長編352ページ、面白く読んでいるが、日記に間が開きすぎるので、途中までの感想を。

本所深川の同心で、2日に1度は北町の自身番の見廻りに来るのが、井筒の旦那。お供には必ず御所の番所の中間小平次がついて来る。人情に厚く、訳有りなら、長屋の住民に一番いい方法でかたをつける。

ある日長屋の取りまとめ役の差配が消えてしまい、若くて頼りなげな佐助が差配としてやって来る。今までの長屋の店子は納得がいかず、上手く馴染めない上に、大事な店子が、訳ありか次々と出ていき、差配として辛い立場に。その裏を考える井筒の旦那は・・

楽しく読めるのだけれど、長い話・・・続きはまた数日後・・・
スポンサーサイト

コメント

一気に読むともったいないかも。ゆっくり楽しんでね。

そうですよね。楽しいのに長いのでつい先を急いじゃいますが、なかなか。読み返したら誤字だらけ・・・失礼しました。 

新しい本かしら?タイトル、知らない本だから、きっと文庫化してないのね。楽しみにしてよう。

「ぼんくら」は文庫化されています。長いので上下に分かれていますが。続編の「日暮らし」は最近なのでハードカバー上下だけです。楽しいのでお勧めです。

2000年に発行です。里伽子さんすごく楽しいですよ。お勧めですが、新書はすごく厚くて重いです。日暮らしが続編なのですね。今予約中、楽しみ!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/859-849f7881

 | HOME |  ▲ page top