透明人間の納屋・・・島田荘司・・P327

かつて子供だったあなたと少年少女のためのミステリーランドの為の書き下ろしなので、漢字にみんなルビが打ってある。
軽い気持ちで読み始めた。お隣の印刷屋さんと仲よしの男の子、印刷屋の真鍋さんはヨウちゃんにいろいろな事を教えてくれるし、美味しい物もご馳走してくれる。でもそんな楽しい日々もあることがきっかけでそんな仲が崩れてしまう。

意外な結末は現在問題になっている北朝鮮に関係していたので正直驚いた。工作員・・・でも個人となれば人間を取り戻す事もあるんだと思う。拉致問題を改めて考えさせられる本でもあった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク