盤上の敵・・・北村薫・・P301

チェスに見立ててストーリーが展開する。いくつかの話が進行して行くが、やがてそれは1つのストリーとなって完結する。
加害者が被害者になったり、不可解ないじめと内容的にはかなり重たいし、怖さもかんじるが、それの根底にあるのは夫の妻への優しさのようだ。

最後は残念ながらどうなったのか、読みきれなかった。主人公の思い通りになったとしても決してハッピーエンドではない気がした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確か、続編もあるんでしたよね?魔術はささやくは読んだけど、続編はどれかわからずまだです。

この作品は北村さんの中でも異質なものです。その様に感じられると思います。

この作品も楽しめました。ところで私の読んだ限りではまだ続編はないと思います。

初めは話があちこち飛ぶので戸惑いました。あれ・・つながってると思ってからはぐいぐいと。最後はどういうことなのかさとごんさんは分りましたか?

宮部さんは少年を描くのが上手だそうですね。思いがけない方法を巧みに使いますよね。

異質ですよね。。。なんとなく苦手そうな感じがあるので、読んでません。

私もそう思います。そんな宮部さんのエッセイ「平成お徒歩日記」は時代物好きにはとても楽しいです。

読んで感想書いた後本屋さんのサイトでプレビューを読むのですが、この本は異質な上、体調が悪い方は読まない方がいいとも書いてありました。
北村さんと思って読むとちょっと辛い本かもしれないです。賛否両論でしたし、私も是非とは言えないかな?

中々宮部さんの時代物に出会えないのです。人気があるのでしょうね。エッセイもあるのですね。
プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク