火車・・・宮部みゆき・・P355

お勧め頂いた本。
読み始め、いつも利用する電車が出てきた。本を読む時、身近な所が出てくる事がある。グッと身近に感じる事が出来て嬉しくなる。

怪我で公務を休んでいる刑事本間のもとに甥っ子から突然姿を消した婚約者を探してくれと依頼される。刑事としての知識を生かして探し始めるが意外な事に突き当たる。

どんどん謎が深まり、それと同時に引き込まれてしまう。
執念が実り謎が解けていくが、ギリギリで次の出来事を阻止できるか・・・。

作家のすごさを改めて感じる。次々現れる登場人物、様々な設定が出てくるものだと感心してしまう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

優しい視点で綴られているので、悲しい人生だけれども一気に読むことができたと思います。

結論と言う物はなかったけれど、そこまでの過程で読み込んでいくのでしょうね。辛い話でしたが一気に読めました。

楽しんでくださってよかったです。同じ時代物でも幽霊が出てくるものや少年が主役のものもありますよ。

教えて頂いた本がいつ行ってもなくて今回はこれを借りました。時代物も良く書かれてますね。楽しく読めました。
プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク