落下する夕方・・・江國香織・・P287

江國さん初挑戦の一冊。
話題になった「号泣する準備はできていた」を図書館で予約中でその前にお借りしてみた。以前映像化されている作品だそう。

「引っ越そうと思う」「引っ越そうと思うの」恋人同士だった2人が15ヶ月を挟んで口にした言葉。初めは私(梨果)思いもしなかった健吾からの別れの言葉。そして私から言葉はどう進展するのだろう?

突然現れた華子という存在に振り回される、でも憎めない心地良い相手。自由奔放に生きているかのように見えた華子の悲しい最期。沢山の傷を負ってしまった私だけれど、これから先の生活は平穏に過ぎていくのだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

江國さんは、あまり気負わずに読めるのがいいですね。でも、たまに物足りない時もあるんですよね。。。

華子がなぜ?ここのあたりの描写が少なかったかな。映画化されたそうですが、映画はもう1人の絡みがあったようで、脚色が必要だったのでしょうね。
プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク