プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

ねじの回転・・・恩田陸・・P444

里伽子さんが読まれたと教えてくださった本。やっと図書館で巡りあったが、かなり厚い本。読みきれるだろうか?パラパラとめくって内容も難しそうだったけれど、挑戦する事ににした。

歴史の検証の為、選ばれた人物がある事件をもう一度再生をしていく中を動いて行く。
真実がずれると警告が入り、また時間を遡って再生のやり直し。初めはなかなか理解出来なくて、読み進めていたけれど、段々とのめり込み読むペースが早まった。
ハッカー?の襲撃にあって、思いがけない病気が流行ってしまう。これでは歴史が完完全に狂ってしまうと、何とか立て直しを図るが・・・

初めと終わりにつながりを見つけた。
最後の締めくくりに書かれる、偶然の出会いは、話の流れからするとどんなものだろう?

恩田陸さんの「夜のピクニック」は今年書店が売りたい本の第一位に選らばれたそうだ。興味あり。
スポンサーサイト

コメント

恩田さんで好きなのは、「麦の海に沈む果実」です。続きで、「黄昏の百合の骨」と言うのもありますよ。基本的に恩田さんは、分厚いかも。

もし現代に置き換えたら不幸の極みにみえる人生でも鮮やかに生きていく人々の人間力・・・。時代小説はなんと言っても藤沢周平が一番好きだけど、宮部みゆきも好きよ。

厚い本が多いのですか。実は勝手に男性と思っていたら可愛い女性でしたね。女性的な文と思っていた北村薫さんは男性だったし、文章ではわからないです。早速メモします。

時代で随分感じ方が違うのでしょうね。それだけ、昔は貧しくも逞しかった。藤沢周平さんですか。今度挑戦してみます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/813-0b383c44

 | HOME |  ▲ page top