火の粉・・・雫井脩介・・P329

「今読んでます。」と教えて頂いたこの本、早速探したら貸し出し中だったが予約ですぐ借りる事が出来た。初めての作者の作品挑戦。
昨夜から読み始め、出先の車中、待合室で一気に読んでしまった。それほど、どんどん先が知りたくなるストーリー。

無罪の判決を勝ち取った被告。裁判長はその後大学の法学部の教授となる。オープンキャンパスで元被告と再会する。冤罪についての体験談を語る授業に参加してもらったり、偶然隣に引っ越してきたりと接点が出来てくる。

楽しい近所付き合いが始まるが・・・
意外な展開が読者をグッとひきつける気がする。
結末はこれが良かったのか、別な最後でも良かった気もする。
どんでん返し?と言うパターンは複雑な思いも残った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク