うちに帰ろう・・・広小路尚祈・・P158 文芸春秋

成り行きで主夫になった英樹、娘未来の子育てに、家事と奮闘する様子が描かれている。主夫ならではの苦労、逆転した夫婦の立場、頷いたり、笑ったり。
最後はほのぼのとする結末でホッとする。もう1話はかなり内容が前話と違うので、著者の幅広さを感じる。
図書館の新刊コーナーで見つけた、お初の著者の1冊。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク