バオバブの記憶・・・青柳祐美子・・P250 文芸春秋

人気TV脚本家・青柳祐美子初のエッセイ集。

タイトルのバオバブはサン・デグジュべりの「星の王子様」に出てくる木の名前で。バオバブは一晩にして大きな木に成長し、ほうっておくと、小さな星をグシャリと潰してしまう。だから王子様は毎日星を点検して、芽を見つけるとすぐに掘り起こし続けた。
そんなバオバブをたとえとして、伝えておきたい事を葬り去られる前に、丁寧に掘り起こして伝えたい、そんなな思いで書かれたエッセイだそう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク