演じられた白い夜・・・近藤史恵・・P225 実業之日本社  

演出家である夫の匠に呼ばれ、雪深い山荘へやって来た神内麻子。匠の新作は本格推理劇で、演じる側にも犯人がわからないように稽古を進める趣向だという。台本が進行するにつれ、それは恐るべき事件の形を取って現れた・・・紹介文より 

台本とと現実が同時に進行してまう・・・犯人役は誰?現実の犯人は?ちょっと変わった趣向の本でした。
近藤さんは時代物も書かれていて、面白かった。現代もの良い本があったので、楽しみにお借りしたのだけど、
☆にすれば・・私的に☆3つだとすれば1つかな・・(-_-;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク