マノロブラニクには早すぎる・・・永井するみ・・P364 ポプラ社

図書館の新刊コーナーで見つけた。永井さんの作品は何冊目かな?
様々な女性を描いている。バリバリと働く女性、蹴落としてでも這い上がろうとする女性。
駆け出しの女性雑誌「ダリア」の編集部の小島世里、頑張ってつもりでも、この世界で活躍する厳しさを感じてる。
そんな小島のもとに、怒りと主に現われた中学生の太一、何かを勘違いしてる・・・
それを正そうとしている内に、やがて探偵めいた事を始める2人。
それが世里を刺激したのか、編集者としても成長していき、太一の知りたがっていた真相が明らかに・・・
世里が憧れている?上司の履く靴のブランド、、いつかは世里にしっくりとする日が来るだろう。

マノロブラニクは実在する靴のブランドhttp://www.kachispo.com/k/1388/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク