六の宮の姫君・・・北村薫

かなり、しっかりと文献に基づいて書き進められている。「私」が卒論のテーマにした『芥川龍之介』の「六の宮の姫君」をなぜ執筆したか、解き明かしていく。
沢山の作家が登場してくる。芥川龍之介と菊池寛との関係も知る事が出来た。

ただ、とても難解だった。ポンポンと飛び出す、専門的な話題はすごいなと思いつつも上手く頭に入らない。なんとか、読み終える事が出来た。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク