火の華・・・藤原 緋沙子・・P297 祥伝社

橋廻り同心・平七郎控 第2弾
藤原緋沙子さんの隅田川御用帳シリーズをずっと楽しみに読んでいるが、こちらの本も同様に勧善懲悪、スッキリとした気分で読み終える事が出来る、塙十四郎の代わりに登場する橋廻り同心、立花平七郎の人情味あふれる、事件の解決が心地いい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク