ラプラスの悪魔・・・東野圭吾・・P452 角川書店

ラプラスってなんだろう?
そう言えばポケモンのキャラにいたなぁと思い出し、末っ子に聞いたら、ラプラスと言う数学者がいて、ラプラス変換やラプラス方程式があり、その世界では有名との事。
そうなんだ、と聞いて読み始めたら、位置の計算がでてきて、決めた場所にぴったり到達させる、そんな内容が出て、タイトルは数学の方なんだとわかった。
内容は前後したり、複数の同時進行、ちょっと飛躍した状況もで出来て、戸惑いもあったけど、最後には、何とか理解が出来た。
完全を求める男性の、身勝手な行動がもたらした悲劇。
特殊な能力を使ってのさりげない悪への対峙、こう言う内容のエンディングには、ふさわしいのかな。
色んな事にアンテナを張らないと、読書も難しいと感じたけど、知らなければ知らないで、読んでもいたのかもしれない。
ラプラスを検索したかも知れないし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク