殉愛・・・百田尚樹・・P414 幻冬舎

今色々と話題になっている本のようだ。
著者はイニシャル以外は実名と最後に書いている。
真相はわからない、それとは別として、ここまで看病をするという事に感心する。
たかじんさんは幸せな最期だったのだろう。
関東に人間にはあまり伝わらない方だけど、偉大な方だったのだろうと、その生活を少し垣間見ると感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク