十字架・・・重松清・・P322 講談社

重松さんの作品は何作だろう。
図書館の重松さんコーナーで見つけて読むことに。

イジメを苦にして自殺したフジジュン、
遺書に書かれた友人が背負う十字架。
それがたとえ、仲が良かったことでも、
好きだったということでも、いつまでも重くのしかかっていく。

死を選ぶよりも何かと思うけど、
死を選ぶことしかなかった、
その事もしっかり捉えてあげないといけないんだなと、改めて思う。
どれほど辛かったのか、当人しかわからない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク