変な給食・・・幕内秀夫・・P174 ブックマン社

新聞で見かけた「もっと変な給食」・・内容に興味を持って図書館で検索、もっとはまだ蔵書としてなくて、少しだけ待ってこちらをお借りした(現在はあるので借りないと)

献立を元に再現し、その写真と共に解説をしている。
確かに、変!と思う献立も多いし、手作りをする意味は?と思うことも多い。
ただ、栄養価を給食に求めすぎるのは、金銭的、子供たちの嗜好、残菜等を考えた時、こういう、あれ?と言うメニューになってしまっても仕方ない事もあるかもしれない。
病院食に携わっていた経験から、「これはおかずにならないでしょう?」と思うものが案外良く食べられていて驚くこともある。まずは家庭での食生活が基本となら無くてはいけないと思う。

ちなみに私の子供たちの給食は、自校給食、和洋中とよく考えられていて、子供たちも満足だったし、親が献立を見ていた限りではいい方なのではないかと思う。自分が食べていた時は、何でおかずにお汁粉?苦手でした(T_T)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク