ジェネラル・ルージュの凱旋・・・海堂尊・・P381 宝島社

田口・白鳥シリーズ第3弾
読んでいてあれれ・・・登場人物や病院が・・・

前回読んだナイチンゲールの沈黙と同時進行で、上下巻として著者は刊行しようとしたらしいけれど、
出版社の編集部からの許可が降りずに、分けての出版となったそう。

ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)は、この時と言う時に、ルージュをひいて気合いを入れて、手術に向かう、
そんな天才救命医速見晃一の異名。
田口白鳥コンビに、白鳥の部下のドジな新人看護師に扮する姫宮の功行動が面白く描かれている。

疑惑のなぞは解明されるのか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク