がんばれば、幸せになれるよ・・・山崎敏子・・P189  小学館文庫

――小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉――

「おかあさん、もしナオが死んでも暗くなっちゃダメだよ。明るく元気に生きなきゃダメだよ」
ユーイング肉腫と言う稀な病気を発病、9歳と言う短い生涯を終えた、山崎直也くん。
辛い闘病生活の中でも常に家族を気遣い、思いやりを忘れず過ごしていた。

直也君が遺した言葉の数々を母、敏子さんが綴った闘病記。

「ナオはね、まだ死ねないんだよ。まだお母さんの心の準備が出来ていないから」と、他の患者のお子さんのお母さんに打ち明けたそう。
9歳と言う年齢だけど、病と闘って、充分にある意味では勝ったのではと思う。
本を下さったネットのお仲間ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク