プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

ガラスのうさぎ・・・高木敏子・・P179 金の星社

図書館の入り口近くに、課題図書のコーナーがある。
前回出ようとした時に、ふと立ち止まって見ていたら、面白そうな本があったので、
次回借りようと後にした。
そして今回、楽しみ行ったら、なんとクリスマス仕様に変わっていて、移動してた・・・
あら、私の読みたかった本が見つからない、題名もうろ覚えだったし。

そこで目に付いたのが、数日前にラジオかテレビで耳にしていた「ガラスのうさぎ」
題名はなんとなく知っていたし、戦時中の事と言うのも知っていたけど、学生の頃も読むことはなかった。
映画やドラマ化もされてると、あとがきで知った。

著者高木敏子さんの体験記。
元々は、「私の戦争体験記」として亡くなった両親と妹2人の三十三回忌の時に配ったものだったそう。
それが、出版社に伝わり、ガラスのうさぎとして発刊されたそう。

辛い体験だったでしょう、でもそれを私達にわかりやすく表現されていて、一気に読んでしまった。
疎開1つにしても、3つの分け方があった事も知ったし、生きる事に必死な中で、
遠い親戚よりも近くの他人・・・心がほっとする場面も。
「ガラスのうさぎ」父親がガラス工場を経営していたので、空襲で焼けてしまった自宅から、半分溶けた状態で見つかった。
ガラスのうさぎを持ってたたずむ少女の像が、疎開先だった二宮町にあるそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1619-562fedd2

 | HOME |  ▲ page top