国道沿いのファミレス・・・畑野智美・・・277 集英社

第二十三回小説すばる新人賞受賞作品

仕事上のトラブルで左遷され、6年半ぶりに帰郷した善幸。一見静かな町では、親友、家族、恋人、そして勤務先のファミレスでも、一筋縄ではいかない人間関係が・・・。現代をリアルにすくう青春小説――紹介文より

ちょっと複雑な人間模様が今風なのかな?せつなさと、投げやりと、色々混ざった、これが青春というものなのかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

新作の方が「青春だな」と思う

国道沿いのファミレスは、登場人物はおもしろいと思ったんですが、
青春かと言われると・・・、というか親父がむかつきましたね~。

新作『夏のバスプール』は、高校生の青春胸キュンなお話。
こっちの方が気楽に読めた感じがしました。

畑野さんについて検索していたら、
http://www.birthday-energy.co.jp/
ってサイトが、畑野さんを分析していて、
その内容を要約すると「お笑い大好き、少女趣味」。
うん、ドタバタだし、恋愛青春系ですね。

面白い人だなぁ・・・。

スナップさん、コメントありがとうございます。
コメント遅くなってすいません。
読書仲間に紹介されて読んだ本です。
内容的には今一だったかな・・・と思います^^;

夏のバスプールですか、( ..)φメモメモ読んでみます、教えてくださりありがとう。

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク