人形はこたつで推理する・・・我孫子武丸・・P299 講談社文庫

ネットのお仲間に頂いた本の中の1冊、初めて読んだ著者。
これは人形シリーズだそう。

腹話術師の朝永嘉夫は人形の鞠小路鞠夫と幼稚園などを回っている。
今回はめぐみ幼稚園、そこの幼稚園の先生、妹尾睦月と嘉夫との運命の出会い?
鞠夫は人形だけど、実は嘉夫のもう1つの人格・・それを見抜く睦月。

次々と起きる事件を嘉夫・睦月・鞠夫に小田切刑事を交えて、推理捜査していく。
ちょっと頼りなさそうな嘉夫と勝気な鞠夫、それぞれがうまくつりあって・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読み終えたみたいですね!
この人形シリーズは続編も面白いですから
お勧めですよ。
私も、また読みたくなってきました!

楽しかったです

お初の作家さん、楽しく読む事が出来ました。
続編、図書館で探してみますね。
教えていただく事で、読書の幅が広がって嬉しいです。
プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク