プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

赤い月(上下)・・・なかにし礼

お勧めを受けて、図書館で予約し読むことが出来ました。

直木賞作家・なかにし礼の実際の体験を下に、激動の時代を生き抜いた彼の母の姿を描いた小説で、映画化、ドラマ化もされている。

昭和20年8月中国牡丹紅市警察署に一通の告発状が届くところから始まる。雇っていたロシア語の家庭教師がスパイであるという事で摘発されれば即刻死刑、冒頭からの出来事が衝撃的だった。

北海道小樽から夢と希望を胸に昭和5年5月当時の満州に造り酒屋を興すために森田勇太郎波子夫婦、子供達が旅立つ。軌道に乗せてからは着実に業績も伸び夢のような生活を送って行った。しかし、日本敗戦の色が濃くなる頃から生活は一変、逃げ惑う日々となる。

現在から書き出し、そこまでの回顧が続く。
同じ時代を描いた、大地の子、ワイルドスワンとは違ってこれはその時代を生きた日本人の壮絶な姿が描かれている。日本が犯した過去の過ちが中国人、ロシア人、そして自国の人々をも苦しめた。人間が考える事の愚かさを改めて感じ、まだ世界で起こっている紛争に心を痛めた。早くそこにも平和が訪れますように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/129-dde9c78c

 | HOME |  ▲ page top