プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

さくら草・・・永井するみ・・P317 東京創元社

綺麗な花束の付いた洋服かな?とてもお洒落なのに・・
内容はかなり悲しい。

プリムラローズは桜草。
ティーンズの女の子に人気名ブランド名で、高価にもかかわらず、飛ぶように売れる服でもある。
そんな時プリムラローズの服を着た女の子の死体が発見される。ファンの子供や親は震撼する出来事だったけれど、なぜかまたそれでブランドの人気が拡大してしまう。心配していた、第二の事件がおきてしまう。何とかブランドを守ろうとする、マネージャーの苦悩、そのブランドが好きだった娘を亡くした母親が、現実を受け入れる事が出来ずに、買い漁るという異様な行動。事件には無頓着なプリムラローズのデザイナー。

犯人はいったい誰?
そんな中でまたプリムラローズを着た少女が行方不明になってしまう。また犠牲者となってしまうのか、事件の担当となった刑事とマネージャーの必死の捜索で・・意外な犯人が。

見聞きした事のある、ブランドの服を買うために、様々な手段にでる少女達、現実にもありえる話だけにぞっとする。
スポンサーサイト

コメント

祝!100冊読破

yondaのパンダが拍手をしてますよ。
本は読むことで他の人の人生を経験できる人生の辞書とか、地図にも使えるように思えます。
最近読んだ本は「アルジャーノンに花束を」でした。
読んで昔読んだ「ライ麦畑でつかまえて」をぼんやり思い出していたら翻訳した方が同じ人でした。ビックリな偶然でした。

ありがとうございます

今年も読めました。
あのパンダ君ですね、そうだと嬉しいです。
読書から得る事は多くて、豊かな気分になれます。
ライ麦畑は高校生の頃読んだけど???でした。
アルジャーノンは予約して、読みました、せつない本でしたね。
翻訳者が同じでしたか、ライ麦読み直してみようかな?
今なら違って読めるかな?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1250-347d3e25

 | HOME |  ▲ page top