プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹海・・・吉村達也・・P371 角川ホラー文庫

ホラー小説、ホラー文庫というのを始めて知った。是非と薦められてお借りした。手にとって、不思議な表紙にまず興味がわく。これは著者が意図した装丁だそうで、蓄光になっていて、夜読み終えて電気を消すと、表紙0の文字が浮かんでくる。「0」は文章内でもキーワードとなる。

樹海はもちろん青木が原樹海、主人公村本ルイが時々見る嫌な夢、森の中をさまよい、でも何かがそこで夢をさえぎる。やがて現れる老婆・・
ルイは知らなかったが、夢で聞いている老婆の話を、現実にはルイが話している、まるで老婆のような声で。

ルイの心の奥底にしまわれた何かが原因で、苦しむ姿を見て、ルイの友人とルイの彼と3人で、彼の姉の助言を貰いつつ、樹海に真実を探しに出かける。

何が過去にあったのだろう・・真実が明らかになると・・

途中、どうしても読めない描写があったけど、他は小説として読む事は出来た。これが実写となったらきっと私は怖くて観られないと思う。自分の頭の中で観る方が、案外ホラーは読みやすいかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1241-30f66ede

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。