プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

レイクサイド・・・東野圭吾・・P244 実業之日本社

「週間小説」1997年2月7日号から9月5日号まで連載され多「もう殺人の森へは行かない」を下敷きに新たに書き下ろされたもの。

姫神湖別荘地へ向う、並木俊介。別荘地には息子の塾で知り合った4組の家族が来ていて、子供達は塾の津久見先生と、スケジュール通りのハードな合宿勉強を、両親はそれをサポートすべく付き添っている。

中学受験と言う事にあまり気乗りしない俊介ではあったけれど、この場でそんな事を言ってもいられず、周りに合わせる。

そんな中・・別荘に俊介の会社の同僚、不倫の相手でもある恵里子が現れる、忘れた書類を届けに来たと。
そんな恵里子が俊介夫婦の割り当てられた部屋で殺されてしまう。しかも犯人は妻の美奈子。警察に届けると思う俊介に、他の親から・・死体を湖に沈めて事件を隠そうと言う話が持ち上がる。ばれてしまえば、皆が共犯者になってしまうのに・・。

なぜそこまで結束しているのか・・現代の受験事情が誇大かもしれないし、実際にあるのかもしれない様子が浮き上がってくる。そこまで親がして、得るものが子供達にあるのだろうか?考えさせられる話である。
スポンサーサイト

コメント

私も覚えて無いわ・・。

どんなじけんだったのかしら??
今度図書館でお借りしてみようかしら。
なんでしょうねぇ、自分だけは許されるけど、他人がしたら許さないという考えの人の密度が増えたのかな?
(話題の亀田一家もそんな気がする)
ただこの現象は、高齢者の方にも多いのです。
やはり、思想と言うのは広がったり、繋がったりするものだと思います。
時々自分の事も振り返って大丈夫か確認したいといけませんよね。

私も

かなりワイドショーや新聞でも話題になったし、
2chはひどかったそうですよ。実名でバンバン。
ある週刊誌は実名に写真まで掲載したとか、
2003年の出来事だったのですが、私も??
理由は定かではないですが、何かしらの不満があったのか、
両親揃って、嘘を積み上げて民事裁判になり、
なんと被害者側の弁護士は500人も名を連ねたとか。
冷静になればおかしいと思う事を、あまりにも真実味を持って話す
(私は読んでで尋常じゃない感じがしたのですが)
すっかりまわりは信じ込んでしまったそうです。
医学部の教授まで・・記者会見したのですよ。
是非、機会があったら読んでください。
衝撃的な内容です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1224-1fbef7ef

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える

本書は、50年以上続く優れた企業はいかにして作り上げられたのか、ということに関して書かれている本で、そういった素晴らしい企業18社をビジョナリー・カンパニーとして取り上げている。 ビジョナリー・カンパニー2が大変衝撃的な本だったので、作者の言う順番どおりにこの
 | HOME |  ▲ page top