プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

夏目家の糠みそ・・・半藤末利子・・P249 PHP研究所

夏目漱石のお孫さんである、著者。夏目漱石没後両親が結婚したので、漱石との生活を送ることはできなかったけれど、祖母の鏡子や母親の筆子から聞いた話も交えての思い出が書かれている。

「食は文学にあり」と言う番組で漱石と鴎外が当時何を食べていたか、それを再現、ゲストが食べると言う内容だった。しかし・・・特別美食家ではなかった漱石。唯一の楽しみだった、お店は今はないので、ふと思い出したのが糠みそ。江戸時代から受け継がれた、夏目家の糠みそなので、漱石も食べたはずと紹介される事にしたそう。それが本のタイトルになっている。

ご近所さんとのお話、竹下景子さん宅からの牡蠣鍋パーティのご招待など、ちょっと興味深いお話も交えて、楽しく読む事ができた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1212-14b9957d

 | HOME |  ▲ page top