ハリー・ポッターと謎のプリンス㊤・・・J.K.ローリング・・P493 静山社

1年近く待ってやっと順番が来た。嬉しい事に上下一緒なので続けて読む事ができる。

3作目までを観たこともあって、登場人物、景色、建物、それを頭に置いた上で読み進めていけるので、頭の中では動画として観ているようで、楽しく読み進める事が出来た。

ハリーもいよいよ6年生、段々自分の立場が明らかとなっていく。ダンブルドア校長との個人授業も始まって、様々な過去に飛ぶ事によって。

「謎のプリンス」・・急遽授業が受けられる事になった魔法薬学、でも教科書や道具の準備をしていなかった。そこで担当の先生が「貯蔵棚からなんでも借りていい」との言葉。そこから借りた教科書、そこには手書きで教科書の指示に難癖をつけて、違う指示が書き込んである。その指示通りに進めると、先生をもうならす、魔法薬が出来上がった。
落としてしまった教科書を拾おうとした時、裏表紙に書かれていた「半純血のプリンス蔵書」の文字。プリンスとは誰??
そこからタイトルがつけられているようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

次回の作品はまだ発売されてないのにも関わらず既にミリオンセラーだとか・・(予約でミリオンセラーって・・・)
ほんと凄い作者でありますな(@_@;)

いよいよ7作目・・どうなるのでしょうね。
やはり2冊組みでしょうか?
また・・読めるのは発刊1年後かな(^_^;)(ひたすら待つ派)
1主婦が書いたなんて・・凄いです。
何とか・・ここまで話が進んできました。
7作目のラストを先に考えていたそうですよね。
成長していく、それぞれの登場人物が、頼もしく、
今回は結構楽しんで読んでいます(^^)
プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク