美丘・・・石田衣良・・P291 角川書店

ネットのお仲間が紹介されていてお借りした。
若さっていいな・・という感想だったかな?どんな内容か興味を持って。

とある大学の5人の男女の仲間に・・あることがきっかけで仲間入りしてきたのが美丘(みおか)。自由奔放な美丘がグループに入る事になった。でもどうもしっくり馴染まない。でも何とか付き合いが続く。そんな仲間の中で、カップルが誕生するような雰囲気になってきた。でも・・彼は、進んでいく恋とは裏腹に、どんどんと美丘の不思議な魅力に心惹かれて・・。

そこで告げられた美丘の悲しい現実。
ちょうど時代が合うのか、狂牛病として世間を賑わした、クロイツフェルト・ヤコブ病を脳の手術に使われた、外国から輸入された乾燥硬膜により感染していたのだ。
段々と、脳がスポンジ状になって、記憶が消えていく・・・約3ヵ月後には死が待っているという病。2人はそれをどう乗り越えてくのか・・

ちょっとストーリー的に無理が無いとも言えないけれど、そんな現実を背負いつつも、突っ張って生きている美丘の強さも(強がり?)なかなか印象深い。現実にもある事だけに、病の恐ろしさも感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク