プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

魂萌え!・・・桐野夏生・・P477 毎日新聞社

毎日新聞に2004年1月5日から12月28日まで連載された。婦人公論文芸賞受賞。
ドラマ化・映画化もされた作品で話題性があったので、予約してお借りした。

59才の若さで夫に先立たれた敏子。葬儀のあとで夫の携帯電話にかかってきた、1本の電話で知らなかった夫のもう一つの顔を知る事となる。アメリカに行っていた息子一家が戻り、同居を迫ったりとまだ夫を亡くした傷の癒えていない敏子に沢山の問題が降りかかる。
そこで考えたプチ家出、でもそれも穏やかな物とはなからなかった。

生前夫が通っていた蕎麦打ち教室の仲間とのかかわり、高校時代からの友人3人との時にはどろどろとしてしまう仲。59才と言うちょっと中途半端な年齢ゆえに自分をどうしていいか分らない敏子。息子夫婦との問題、遺産、夫の過去・・敏子はどう乗り越えて行くのか、超がつくほども真面目な主婦・・が変身していく様子がなんともせつなくも感じえられる。近い将来の自分を少し重ねて読んでしまった。
スポンサーサイト

コメント

重松清氏の最初に読んだ本がエイジでした。
すごく感動して、甥に読ませなさいと姉に本を渡したっけ・・・
そうそう、図書館から予約していた「オロロ畑でつかまえて」が届いていますと連絡がありました。
早く借りに行かなくっちゃ!

そうでしたか

なかなか深いお話でしたね。
実際には無い、ナイフで刺したい気持ち・・
今はそれだけストレス社会なのでしょう、子供の世界でも。
重松氏の本は、いいですね。
オロロ畑来ましたか、是非楽しんで下さいね。
続編となる本も是非是非。(なかよし小鳩組・誘拐ラプソディ)

遅くなりました

すいません・・最近サボっていて。
主人公がどんどん変わっていくのはすごいです。
こんな世界もありでしょうか?
映画とTVドラマのHPも観てきました。
ドラマとどちらの方がいいかな?高畑さん好きな女優さん
機会見つけて観ましょう(^^♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1197-71a5550f

 | HOME |  ▲ page top