プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

東京物語・・・奥田英朗・・P342 集英社

ブログのお仲間が紹介されていて、楽しそうと早速予約、お借りした。

小説すばるに2000年1月~2001年6月の間に6つの作品が掲載された。
あの日、聴いた歌・春本番レモン・名古屋オリンピック・彼女のハイヒール・バチェラーパーティが収められている。

主人公田村久雄は中部地方に生まれ・・高校時代まで過ごして、地元の大学に辛うじて引っかかったけれど、とにかく父親から離れたい一心で、東京の予備校に進む事になり、何とか東京で大学生活を始める。しかし、父親の事業の失敗で中退してある広告代理店に就職。
年代を区切って、その時の様子がまとめられている。

仕事の大変さ、周りとのかかわり、そして恋の話、などなど。
歳が上がるのにつれて、乗る車がグレードアップしていくのが、さりげなく久雄の頑張りを表しているような気がする。

都会志向・・考えさせられたり笑ったり楽しい本だった。
スポンサーサイト

コメント

私も今、うさぎさんを読んでますよー
「芸のためなら亭主も泣かす」です。
ほんと救ってくれてるのはゲイの旦那さんのようですね。
でもねぇうさぎちゃんじゃないけど、生きるって大変よね。
自分探しの迷宮に入る人の多さをホントに感じます。

しばらくご無沙汰していたうさぎさん、激変してらしたのね・・
ゲイの旦那様の温かさ、優しいおネエ言葉が泣かせますね。
デリヘルもしたとかで・・何それ??あ!と気がついてビックリ、どうしたのうさぎさん?でした。
何かしら居場所を探されてるんでしょうか。
さて?現在のうさぎさん・・どうされてるのかな?

私は「東京物語」の後に「その日の前に」を読んでなんか繋がった物語の感じがして巡りあわせの不思議を感じました。
萩原 浩さんの作品まづは、「オロロ畑でつかまえて」から読もうと予約いたしております。
早く読みたいナァ
そうそう、今日、中村うさぎ氏の珍しいお悩み相談本「生きる」読み終えました。
この本の中で語ってるうさぎさんと私の考えは全く一致しておりましてちと驚きました。
しかし中村うさぎお好きでしょうか??

むーさんも読まれたのでしたか。
それはすごい・・好きな方向が少し似ているのかも知れませんね。
萩原浩さん・・・只今4冊目読んでます。
この方も、出会いは映画でしたが、コミカルな作品もあり、
東野圭吾さんに続いて今はまってます。
中村うさぎさんがお悩み相談本でしたか。
むーさんと波長が合うのですね。
中村うさぎさん、今は読んでいないですが、
前は色々読んでましたよ、話題にもなったし、
整形もして頑張っている・・豪快な使いっぷりは、
読んでいてすっきりします。
また読んでみようかしら。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1182-6e2ae57b

中村うさぎ

中村うさぎ中村うさぎ(なかむら うさぎ)は1958年2月27日生まれの女性、福岡県出身(その後親の転勤で横浜、大阪と移り住む)の小説家、エッセイスト。捜真女学校高等部・同志社大学文学部英文学科卒業。本名、中村典子(なかむら のりこ)。来歴・人物
 | HOME |  ▲ page top