プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

そのときは彼によろしく・・・市川拓司・・P414 小学館

以前読んだ恋愛写真を書いた方の作品。「いま、会いに行きます」も書かれ、どちらも映画化されている。

この作品も5月には映画化、公開されるそう。
なぜ読み出したか・・・。映画化すると分ったのは1通のメール。市のHPにエキストラ登録のサイトがリンクされている。市内で撮影があった時に要請があればエキストラとして出演のチャンスがあるという。ならば「やってみたい」と末っ子が言い出して登録していた。
この映画の病院での撮影を市内の総合病院でするそうで、5人のエキストラを募集していた。その映画が、この「そのときは彼によろしく」長澤まさみさんが主演されるそう。
なら・・どんな話なんだろう?と興味が沸いてお借りした。
残念ながら・・子役は4~8歳・・末っ子11歳、今回はダメなよう。

現在と過去が同時進行して話が進んでいく。
なぜか仲良しとなった13歳、遠山智史・五十嵐祐司そして花梨、「リビング」と称した・・ゴミ捨て場の横で時を過ごす。それはなんとも不思議な関係、不思議な日々。

そして今大人と成長していった智史の話から始まる。夢だったアクアプランツ(水草)のお店を持つ・・そこに1人の綺麗な女性がバイトに雇って欲しいと現れる。モデルで女優でもある森川鈴音、週7日、住み込みでの条件を飲んでもらって採用される。

新しい智史の生活が始まるが・・「この女性知っている」と一目見たとき感じた事が、現実に。

現在と過去を上手くつないで話が進んでいく。
そこには、智史の老いた父親も加わって。

花梨は祐司は?「そのときは彼によろしく」の言葉は誰に?
時折親の愛情の深さに感動して、ちょっと不思議な世界に悩みつつ、
最後まで読み終えた。ハッピーエンドだった事が嬉しい。

さて・・これがどう映画化されるのだろう?楽しみでもある。
スポンサーサイト

コメント

私は「東京物語」の後に「その日の前に」を読んでなんか繋がった物語の感じがして巡りあわせの不思議を感じました。
萩原 浩さんの作品まづは、「オロロ畑でつかまえて」から読もうと予約いたしております。
早く読みたいナァ
そうそう、今日、中村うさぎ氏の珍しいお悩み相談本「生きる」読み終えました。
この本の中で語ってるうさぎさんと私の考えは全く一致しておりましてちと驚きました。
しかし中村うさぎお好きでしょうか??

むーさんも読まれたのでしたか。
それはすごい・・好きな方向が少し似ているのかも知れませんね。
萩原浩さん・・・只今4冊目読んでます。
この方も、出会いは映画でしたが、コミカルな作品もあり、
東野圭吾さんに続いて今はまってます。
中村うさぎさんがお悩み相談本でしたか。
むーさんと波長が合うのですね。
中村うさぎさん、今は読んでいないですが、
前は色々読んでましたよ、話題にもなったし、
整形もして頑張っている・・豪快な使いっぷりは、
読んでいてすっきりします。
また読んでみようかしら。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1172-f7f3de41

そのときは彼によろしく

そのときは彼によろしく『そのときは彼によろしく』(そのときはかれによろしく)は、市川拓司による恋愛小説。2004年10月7日、小学館から刊行された(ISBN 4093861382、定価1,575円)。あらすじ登場人物
 | HOME |  ▲ page top