プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

レーナ・マリア・・訳ビヤネール多美子・瀬口巴・・P197 小学館

おそめを探していた時に偶然見つけてお借りした。

副題:フット・ノート 足で書かれた物語

四肢に障害を持って産まれた彼女だったけれど、障害とは感じる事がなかったと言う一節に、母国スウェーデンの良さ、両親が温かく育てた様子を感じ取る事が出来る。

文中でも触れていたが、TVのニュースステーションの招きで来日、2回目だったろうか、初めてレーナ・マリアの歌声を耳にする事があって、とても印象深かった。両腕がなく、左足は極端に短く、それでもしっかりと立って、澄んだ歌声を披露してくれる姿に感動を覚えた。

常に前向きで、水泳が得意、世界選手権大会に出場して見事な成績を収めていた。ソウルのパラリンピックを目指して練習に励み、出場するが、思いがけない状況で得意種目である背泳が中止となり、メダルを得る事は出来なかった。
水泳へ打ち込む情熱は冷めてしまったが、それがその後の彼女を生み出したのかもしれない。

彼女の歌声がどれだけ多くの方を励まし、勇気づけた事だろう。
彼女が日本語で歌う「一羽のすずめ」が私はとても好きだ。

生涯の伴侶も得て、幸せな今を過ごしていることだろう。今後の活躍を見守っていきたい。

「人間はだれでも問題を抱えずに人生を送ることはできない。しかし人間としての豊かさは、困難な経験を通して獲得していくものだと私は思う。」レーナ・マリア
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1155-365792ea

マトリックス時代の幕開け だれでもネット起業

誰でも起業できる時代に 分かりやすいツールを厳選して紹介
 | HOME |  ▲ page top