プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つきアーニャの真っ赤な真実・・・米原万理・・P283 角川書店

HPに来て下さる方が教えてくださった1冊。
米原万理さんは、公営ラジオで週1回、本の紹介をされていた。面白いお話も聞けて楽しみな時間だったのだが、病気の為に最近、まだまだこれからのご活躍を期待したいのに亡くなられてしまった。その後ラジオ番組宛に沢山の米原万理さんを追悼するメールや手紙が届き紹介された。

題名から小説かなと思っていたら、万理さんがお父様のお仕事の関係でプラハのソビエト学校での思い出が綴られている。個性的な友達が沢山いた。その頃の(1960年代)の世相を映すような出来事も色々と知る事が出来る。
題名にあるアーニャもその1人。嘘をつく癖?がある子だったけれど、それには訳があった。その時代ならではの事ではないか。

やがて、日本に戻って忘れかけていたその頃の事、1990年代の東欧の民族紛争が起きる事で、その頃の友達を探し始める。そして感動の再会。
日本にいては得られない、経験をされた米原万理さん・・安らかに
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1121-1be7a1de

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。