プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弧宿の人 上下・・・宮部みゆき・・P827 新人物往来社

初版が昨年の6月、その後教えて頂いて図書館で予約、出版から1年やっと読むことが出来た。

期待を裏切らない、長いけれど飽きることなく先が読みたくて・・・でも6日もかかってしまった。

登場人物がそれぞれ、味があって素晴らしいし、心の奥底の思いまで読むことが出来て、いい作品だった。

困った者に手を差し伸べる優しさ、これ幸いと、散々いじめたあげく、お金を盗って逃げていくある女中の卑しさ。その当時ならではの藩の存続の為に、事実を隠して、勤める医者や役人・・・それを逆手にとって、人を殺めて(あやめ)ていながら、何食わぬ顔で、奪い取った相手と密会をする娘。当時の様々の様子が、悲しく、辛く、寂しく、悔しく、そんな思いで読み進めていく。

鬼・悪霊と称され島流しとなった、家族、側近を殺めた元勘定奉行、訳を話すことを拒み、今回の措置となった。幕府から預かる大事な人物。預かる藩や役人、町の人たちの動揺もかなり大きい。なにかあれば、元奉行の為だと押し付けてしまうの今も変わらないのだろうか?

大事な役を務めることとなった、娘と元奉行のやり取りがなんとも言えず温かいし、心が洗われる気がする。

騒乱、雷も加わって、壮絶な状態が最後は繰りひりげられる。その激しさは、心を揺るがす。そして静けさが・・・

待っていて甲斐のあったいい作品だった。読後感もとてもすっきりとしていい。
スポンサーサイト

コメント

先日のオープンカレッジで、上田秋成の雨月物語 菊花の約 を軽く学び 興味を持ちましたが読むのは難しいかなと・・・
青山真治・・なら 読めるかしら?
探してみましょう。

名前は知っていても

雨月物語と言うと・・やはりひいてしまうかしら。
青山真治さんのはすごく読みやすかったですよ。
おどろおどろしさもさほどじゃなくて。
ちょっとせつないラブストーリーのような感じも。
お薦めです。

宮部さんの最近の作品は超大作が多いですね。また時代劇短編集も読みたいです。

教えていただいて

やっと順番がまわってお借りできました。
読み応え充分、すごくいい本でした。
短編集もいいですよね。
だいぶ読んでしまって・・読んでいないのチェックしながら探そうと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1113-03a09d2d

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。