語り女(め)たち・・・北村薫・・P172 新潮社

ちょっと不思議で変わったな作品
30を越して目が悪くなってきた主人公・・今までは沢山の本を読んできた。段々それにも飽きてきて、作家が作り出すより、普通の起きている事を聞いてみたいと、話を聞かせてくれる人を全国の雑誌・新聞で募集をした。訪れた女性の話を寝椅子に横になり聞こうと言う趣向を考えた。

そしてそんな女性が段々訪れるようなる。
現実なのか、創作なのか・・次々と女性からの不思議な話が繰り広げられる。空想癖のある彼にはそれはとても興味深い話でもある。

今までにない北村薫さんの作品・・・私まで不思議な体験をした気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメント久しぶりです。
最近の作品は変わってきていますね。
シリーズものの続きが読みたいけれど、いろいろと書くこともあると思います。待ちたいです。

そうですね

今までの作品とは全く感じが違いました。
また、前のような作品を読んでみたいです。
プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク