悪意・・・東野圭吾・・P309 双葉社

何をお借りしよう?と探している時目に付いた1冊、予約している直木賞受賞作品「容疑者Xの献身」はまだ順番が回ってこないけれど・・その前に同じ著者の本を「白夜行」についで読んでみたくなり。

一見仲が良く見えていた日高邦彦と野々口修・・共にジャンルは違うが作家である。
その日高が殺されてしまう。犯人は・・・
野々口修は以前中学の国語の教師だった。その時の同僚で2年で刑事に転職した加賀刑事と出会うことになる。

野々口修の手記、加賀刑事の手記・記録と言う形で、事件の真相が明らかになっていく。

なるほど・・と納得した事件の真相と思ったら、またそれは作り話、全体に犯人の「悪意」に満ちている感じがする。次々と変わる状況は充分に楽しませてくれた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク