プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

かばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!・・・島田洋七・・P201 徳間文庫

「かばい」すごいと言う言葉らしい。
2001年「佐賀のかばいばあちゃん」と言う本を小さな出版社から刊行したところ、メディアに取り上げられて、2004年に徳間文庫から改めて文庫本が出版されて、その後、多くの反響があり、「2冊目は?」と望まれて2005年2冊目が徳間文庫に書き下ろしと言う形で実現したそう。

漫才コンビのB&Bの島田洋七さん、本名徳永昭広さん8歳から中学を卒業されるまで、故郷の広島を離れて、子育てが1段落していた佐賀の母方の祖母に預けられる事になる。洋七の父親は原爆症で早く亡くなり、母親と兄と暮らしていたが、居酒屋を経営していた母親のお店に夜出掛けてしまう事が歳が上がるうちに増えて、戦後の夜の街は物騒だと言う事で預けられる事となった。

「生きていることが面白い。なりふりかまうより、工夫してみろ」をモットーに掃除婦として働き、長男は大学まで、5人中3人の娘さんを高校まで出した。昭和30年代、食べる事に事欠く極貧生活を強いられる中で、末っ子の事故の為知的障害者となってしまったアラタ君との3人の生活。

今の時代では想像も出来ない日々だったけれど、いつも明るく前向きに、そして多くの方から好かれていたかばいばあちゃん、最後に載せてある、花束を抱えているかばいばあちゃんは笑顔がとても素敵な可愛いおばあちゃん。

ふと先日読んだリリー・フランキーさんの「東京タワー」でのオカンとダブってしまったところもあった。貧しいけれど、その中で工夫して、皆から愛される不思議な魅力を持つ女性、憧れを感じてしまった。恵まれた今を生きている自分だけれど、ついつい上ばかり見てしまい、不満だらけの日々、心の貧しさを感じてしまった。
多くの大事な事を洋七さんの思い出を通して教えて頂けた気がする。
1冊目も読んでみたい。
スポンサーサイト

コメント

マークフィッシャーは2冊読みましたが、
こちらは読んでませんでした・・・
“成功の掟”“ミりオネアの手紙”だったかと思いますが・・・、題名がウル覚えです。
今度この本も読んでみます!

不思議な

少し記憶はあいまいになりつつありますが、不思議な話でしたね。
bjさんもこの著者読まれてますか。
探してみて、挑戦してみます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1100-09ae746f

 | HOME |  ▲ page top