この世で一番のメッセージ・・・オグ・マンディーノ・・P207

「この世で一番の奇跡」「この世で一番の贈り物」に続く最終章。
この本がオグ・マンディーノの遺作となった。

オグが出す本はどれも大ヒットとなり、世界中で最も愛される人生哲学作家となった。

ラグピッカー(世の中に絶望した「生きる屍」達に再び、新たな希望と目的意識を与える職業)として突然オグの前に現れたサイモン・ポッター。オグが引越しをした場所で、いつも通りの散歩をしていた時、思いがけず再会する事が出来た。わずかな間の交わりだったが、有意義な時を送る。やがて高齢のサイモンはこの世を去る時が来た。オグにも病が降りかかり、辛い時期を送る時サイモンの夢を見る。「きっと良くなりますミスターオグ!大丈夫です」7週間の入院中に何度も見る事で元気が出て回復をみる。そしてサイモンが残したオグへの手紙を見つける。「天国からのアドバイス」として多くのメッセージが込められている。新たな思いで読むことが出来た。

最後に「幸福の王子」の話が出てくる。これはマンディーノ自身を一段一段人生の成功、幸福と導いてくれた本だそうだ。素晴らしい本にまた出会えて・・・感謝。最後に出版されたと言うオグマンディーノの世界でたった1冊の日記「幸福論」が刊行されている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ・・
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク