プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

地上最強の商人・・・オグ・マンディーノ・・P427

以前読んだオグ・マンディーノの初執筆作品。

見つけた本は実践編も合わせているので300番台、経営の場所に置いてあった。茶色に金の文字、成功の秘訣が書かれているのにはふさわしい気もするが、家族はかなりビックリしていたし、見つけたときも驚いた。

アラブの商人として成功を収めたエフィドは歳を取って、莫大な財産の整理を始める。利益の半分は貧しい人に分け与えて、残りは忠実に仕えたエスラムスに与えると言って、誰も入る事を禁じていた部屋に招き入れる。色々華々しい事が噂されていた部屋だったがそこには、エフィドが大切にしていた1つの箱があるだけだった。そこには成功の秘訣ともなる事が書かれている大切な巻物が入っていた。これを受け取る事が出来る人物が現れる事をずっと待っていた。

少年時代彼はラクダの世話係だったが、商人になりたい野望があった。沢山仕えている主人のように儲けて、半分は貧しいものに分け与え、富と成功を手にし、偉大な商人となりたかった。そして見初めた今は不釣合いな娘と結婚を模するために。
主人から一枚のローブを貧乏な街ベツレヘムで売ってくるように言われて・・・

『もし、成功しようとする決意がかたければ、失敗で挫けてしまうことは決してない』

ついにエフィドは巻物を手に入れ成功を収める。そして今は次に託すのにふさわしい者を探す。

巻物は10巻、それぞれに繰り返される言葉がある。
・今日、私は新しい人生を始める。
・今日この日を、私は、心からの愛をもって迎える。
・私は、成功するまで頑張り続ける。
・私は、宇宙最大の奇跡である。
・私は、今日が人生最後の日であることを心得て生きる。
・今日、私は、自分の感情の主人になる。
・私は、世間を見て笑う。
・今日、私は自分の価値を百倍にする。
・私は、今、ただちに行動する。
・私は導きを求めて祈る。商人として祈る。
商人としての成功の秘訣であると同時に生きていく上での大事な道しるべを示してもらえたような気がする。

奇跡とも言える中で次に渡す相手が見つかる結末は衝撃的だった。

日本ではオグ・マンディーノ氏の企画による「成功の記録」(フローチャート方式)の実践編も合わせて出版されている。45週で行う実践、1週毎に添えられる著名人の言葉もとても印象深い。
「人びとが、あなたの様な人間になり、あなたの様な人生を生きれれば、この世は神の楽園となる・・・そんな人間になりなさい、そして、そのような人生をおくりなさい」フィリップス・ブルックス
スポンサーサイト

コメント

凄い本を読まれましたね。これは自伝でしょうか。フィクションでしょうか。
残念ながら私はこの10の言葉の全く逆の生き方をしているように思いました。

これはフィクションです。
でも、オグ自身がこの本を出してベストセラーになり、その後数々の作品がベストセラーになります。成功者ですよね。
これを書きつつ実践されたのでは。
買うと12000円以上もする本です。図書館はありがたいです。
誰しもが成功を望んでいるでしょう、この10の言葉は本を読むと納得です。
さとごんさんも素敵な家族に囲まれて幸せな感じいっぱい。
お互い少しでも近づけるようになるといいですね。

凄い言葉の数々ですね。
なんだか、読んでいてエネルギーがもらえそうです。
私もぜひ読んでみたいと思います

オグ・マンディーノさんの作品はポチたまさんにもお勧めです。
この本も意外な結末の驚きます。
「きっと飛べると信じてた」もお勧めです。

とってもいい作品だと思います。でも宮部さんの作品に出てくる超能力者はみんな悩み苦しんでいます。「クロスファイア」「鳩笛草」「蒲生邸事件」どれもすごい超能力者が登場します。

サイキックとしての慎司の辛さ、ダメージの大きさが印象的でした。
理解されないもどかしさ・・・でも高坂とつながったのかな?
まだ、このタイプあるんですね。
では、早速φ(..)メモメモ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1027-2914c531

 | HOME |  ▲ page top