プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

御手洗潔のダンス・・・島田荘司・・P281

文庫本、いつもはハードカバーの本をお借りするのだけれど、
そちらにはあまり無く、ちょうど文庫本の中で見かけたので。

今回は御手洗潔は日本在住、3つの事件の謎を解いていく。
舞台は、浅草と武蔵野線。浅草はなじみがあるので、風景が思い出されて面白さが増した。
刑事さんでも分からない、事件の真相をどんどん解いていくのは、
相変わらず痛快だし、かといって、御手洗潔にとってはなんということはない、事件でもあったりする。
知識が豊富な人間として作りあげて、多くの女性ファンを持つと言う設定が今回も楽しい。

御手洗と石岡の息のあったコンビ。
読んでいる順番はバラバラだけれど、その都度楽しんでいける島田荘司さんの本である。
最後に御手洗潔の嗜好が書かれている。「変人だが根底には常に優しさがある」と。
スポンサーサイト

コメント

手元に本がないので思い出して書いているのですが、薬に対して考えさせられた一編があったと思います。

確かに

薬に関しては3話目の「舞踏病」に出てきます。
良く覚えてらっしゃいますね。
突飛な発想・・・いつも感心します。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kei19.blog11.fc2.com/tb.php/1009-9c9a4ec9

 | HOME |  ▲ page top