プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十字架・・・重松清・・P322 講談社

重松さんの作品は何作だろう。
図書館の重松さんコーナーで見つけて読むことに。

イジメを苦にして自殺したフジジュン、
遺書に書かれた友人が背負う十字架。
それがたとえ、仲が良かったことでも、
好きだったということでも、いつまでも重くのしかかっていく。

死を選ぶよりも何かと思うけど、
死を選ぶことしかなかった、
その事もしっかり捉えてあげないといけないんだなと、改めて思う。
どれほど辛かったのか、当人しかわからない。
スポンサーサイト

崩れる・・・貫井徳郎・・P309 角川文庫

結婚にまつわる八つの風景

それぞれが思いもかけない結末で
ゾッとする。
でも読みやすく読了。

はるひのの、はる・・・加納朋子・・P269

加納朋子さんの新刊、教えて頂き予約。
ささらシリーズ第三弾
加納朋子さんが病気から復活されて書かれた本なので、その思いも少しはいっているとのこと。
ふわふわ・・加納朋子さんの作品は優しい

高校入試・・・湊かなえ・・P383 角川書店

入試をぶっつぶす!
この言葉に振り回される学校サイド、
入試に望む受験生に保護者。
万全の体制の中で漏れて行く情報、
一体誰が、何の為・・
湊かなえさんらしく、登場人物が代わる代わるその時の思いを綴る構成。
こんな状況で受験生の判定が行われていないようにと思う。

博士の愛した数式・・・小川洋子・・P282 新潮文庫

今年も読書感想文に挑戦、
何を書こうかと思っていたら、
この文庫本が目に入った。
なかなか書けなかったけど、
何とか書き上げたら、規定の5枚を越してしまい、
削るのに苦戦。
でも何とか仕上げて応募。
今年の夏も達成できたのは、
私にとって有意義なことと思う。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。