プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夜物語(上)・・・川上広美・・P449 朝日新聞出版

新聞の紹介欄で知った児童小説、同じ記事を読まれたのか、順番待ちとなった。
他紙で連載されいたそうと検索して知った。

小学校四年生のさよは、母さんと二人暮らし。ある日、図書館で出会った『』というふしぎな本にみちびかれ、同級生の仄田くんと夜の世界へ迷いこんでゆく。大ねずみのグリクレル、甘い眠り、若かりし父母、ミエル…七つの夜をくぐりぬける二人の冒険の行く先は---内容(「BOOK」データベースより)

上は七夜の四夜まで
現実とどこかつながっている、なぜなんだろう?著者初のファンタジー小説だそう。
結末は??
スポンサーサイト

かすていら・・・さだまさし・・P231 小学館

「僕と親父の一番長い日」

さださんのお父さんが入院されて亡くなられるまでの日々を綴る。
その間間にお父様のお人柄やエピソードが描かれ、それであんな楽しくて、素晴らしい方が息子として育っていったのかなと改めて感じた。
後半はさすがに涙が・・・

ヒア・カムズ・ザ・サン・・・有川浩・・P194 新潮社

真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説―--内容(「BOOK」データベースより)

有川さんと言う事で期待して読んだけれど、なぜ?が結構多くて、私的には今一でしたが、読みが浅いのかな?
このお話は演劇として上演されたそう。同じあらすじだったけれど、それぞれに全く違う発展を遂げて結実したとか。比べてみたい思いもある。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。