プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

想い出あずかります・・・吉野 万理子・・P251 新潮社

本好き仲間ご推薦の1冊

海辺に住む不思議な女性と女子高生の、切なくも幸せな出会い―。嬉しいのに涙が出て、傷ついても信じてみたい。自分にそんな感情があることを、初めて知ったあの日。こんなに大事な想い出も、人は忘れてしまうもの?毎日が特別だったあの頃が、記憶の海からよみがえる。--「BOOK」データベースより--
スポンサーサイト

ばんば憑き・・・宮部みゆき・・P372 角川書店

湯治旅の帰途、若夫婦が雨で足止めになった老女との相部屋を引き受けた。不機嫌な若妻をよそに、世話を焼く婿養子の夫に老女が語り出したのは、五十年前の忌まわしい出来事だった…。表題作「ばんば憑き」のほか、『日暮らし』の政五郎親分とおでこが謎を解き明かす「お文の影」、『あんじゅう』の青野利一郎と悪童三人組が奮闘する「討債鬼」など、宮部みゆきの江戸物を縦断する傑作全六編。--「BOOK」データベースより--

久々の宮部さんの江戸物。以前読んだおでこも登場する。
ぞっとする話も、宮部作品だと読めてしまう。

ディズニーのそうじの神様がおしえてくれたこと・・・鎌田洋・・P160 ソフトバンククリエイティブ

新聞の本の紹介の中で見つけて、気になった本。
子どもの参観日の日に、カストーディアルについての話を題材にした授業があった。
地面は、赤ちゃんがはいはいしてもいい位に掃除をするとのこと、「どれだけ綺麗にするのだと思う?」いろんな意見が面白かった。

東京ディズニーランドを舞台に、ウォルト・ディズニーが最も信頼した清掃員、「そうじの神様」ことチャック・ボヤージン氏から、直接指導を受けた鎌田氏が、その思いを部下、カストーディアル・キャスト(清掃スタッフ)に引き継いでいく。
そして「働くことの本当の意味」を問いかける。

「夢の国の落とし物」「月夜のエンターティナー」「魔法のポケット」「夢の、その先」の4つの物語から構成されている。夢の国のキャストの一員としての誇りを持つ過程や、その道を選んだことへの反対する親が、仕事をする娘の姿を見て、思いが変わる・・・
辛い仕事もある、でもそれで喜んでくれる人がいる。楽な仕事ってないのかな?とつい思ってしまうけれど、その先の笑顔や思いを考えればやっていける、自分もそう思うことが少しは出来るだろうか。

もっと変な給食・・・幕内秀夫・・P178 ブックマン社

初めに新聞で知ったのが、こちらの「もっと変な・・」新刊だったので蔵書になかったけれど(入るのが遅い)、
やっと入って1人待ちでお借りした。
第一弾に続き衝撃の給食のオンパレード。前巻が発売後賛否両論だったらしい。それぞれに言い分はありだろう。
でも食べる子ども達が第一、現場の本音を聞いてみたい。
 | HOME |  ▲ page top